太極拳無極会
無極道場 東京
 
Bulk Buy Posts RSS Feed
 
 
 

お尻で立ち方をチェック

No Reproduction No comment 2014-09-13 06:06:11

太極拳は立ち方がもっとも基本的な所です。今日はちょうどお尻を注目しちゃいました。

少ししゃがんで、体重を片方の足に移動してみてください。あなたのお尻はパンパンでしょうか。パンパンであれば、緊張してますね。固いです。その立ち方はまだうまくありません。

筋力を分散させてみてください。目標は、片足であっても、お尻の筋肉は同じく柔らかいことです。

脂肪が沢山だから柔らかいじゃないですよ。筋肉が柔らかいです。

(^_^)

 
 

立つって難しい

No Reproduction No comment 2014-08-29 23:45:37

身体障害がなければ、赤ちゃんじゃなければ、立てるって一般的ですよね。それはそうですが、うまく立つことは、必ずしも簡単ではありません。例としては、儀仗隊の立ち姿は大変訓練されます。モデルさんの立ち姿も大変訓練されます。一般の接客の店員さんの立ち姿も訓練されます。別に立てない訳では無いのに、訓練を受けます。太極拳においても、うまく立つってことはまた難しいです。

確かに難しいです。最近は改めてそう思いました。

太極拳の立ちは陰と陽をはっきり分けなければならないため、どっちか一本の足を主軸にします。もう一本の足は付随する状態になります。特に推手を遣っているときはほとんど片足で立っているため、主軸の足と付随する足の区別は鮮明になります。主軸の足は上半身を100%支え、付随する足は上半身を全く支えません。この様にならないと、押されやすくなってしまいます。立ち姿をうまく保つため、頭の姿勢、肩の姿勢、骨盤の姿勢をよく注意し、さらに胸と骨盤のずれ、太股とすねの筋肉緩み、膝の位置、骨盤の位置、背骨の力を受ける感覚、骨盤の力具合などなどをチェックする。しかし、推手を遣っていますから、ゆっくりチェックする時間ありません。正しい習慣を身につけるほうが現実的です。ほとんど正しい、極少数の一部をチェック、って所でしょうかな。

私もまだまだ頑張れる。頑張りましょう。

 
 

コースAの内容について

No comment 2014-02-09 06:39:29

コースAは、今まで使用法をしっかり教えるようになっています。技の使用法を理解することはとても重要ですが、型(套路)の習得進捗を遅らせる効果もできてしまいます。もちろん、ひたすら形を覚えるだけでは正しい練習があまり身につきませんが、週に1回の受講が有るか無いかのペースで続けば進歩の感覚があまりにもなくなるという問題が生じます。

そこで、コースAに使用法抜きの教え方を導入します。套路に集中されたい方はご相談ください。現在受講中の方について、相談がない場合は今までの方式で継続させていただきます。

技の使用法はコースUで集中受講できます。

よろしくお願いいたします。

 
 
User Agreement | Powered by Uniwits System