参考消息網8月29日報道 外国メディアによりますと、入場券を買わずにポーランドのタトラ国立公園に進入した二人のロシア観光客は後ろめたく、ヒグマ一匹を変装した職員と間違え、入場券検査を逃れるために、ヒグマにを殴打してヒグマに怪我をさせた。ロシアの「朝新聞」8月28日の報道に寄りますと、27日午後、観光ガイドがヒグマが殴られ怪我をしたことを公園の管理部門に告げたが、最初は誰にも信じてもらえなかった。警備員が現地に駆けつけた時は、ヒグマは既に地面に倒れていて、意識を失っていた。隣は二人のロシア人が立っていた。二人が入園した後に、正面からちょうど一匹のヒグマが歩いてきた、心不安の彼らは動物に変装した職員に見つかったと誤認したそうだ。当事者の一人は、「私たちは本当の熊だと知らなかった、相手の顔を重く打って、邪魔させないようにしてもらいたいだけだが、相手が私たちに喧嘩してくると思わなかった…」二人の傷は処理され、既に大事なく、退院しましたが、ヒグマの方は怪我が重く、頭だけでも9針を縫った、牙も折れている。現在、ヒグマは動物病院で治療を受けている。二人のロシア観光客はヒグマの全部の医療費を負担する外、刑事訴訟にも瀕している。