京急横浜駅で女性駅員が暴行容疑の男を背負い投げしたという事件がありました。緊急時にとにかく格闘できるのが格好いいですね。しかし、背負い投げはたやすく出さないほうがいいと思います。ルールに基づいた試合ではありませんから、自分の背中を敵に丸出しすることは危険です。重い一撃を喰らってしまうかもしれません。敵が刃物を隠し持っている場合は大怪我になる恐れもあります。

基本的に背負い投げという技は背が大きい人に向いています。実戦中に自分より背の大きい格闘経験者を投げることは難しいと思います。無理に投げれば、共倒れする可能性が高いと思います。しかも、投げられる人は投げる人の上に乗ってしまう状態に成りがちです。続いては、投げられた人は優勢になり、投げた人の背中を思い切り打撃できます。相手が弱いと、うまく投げられますが、自分の身の安全のためには、相手の弱さを前提にしないほうがいいでしょう。

代わりに、敵を背負わない投げ方は沢山あります。下記の動画にもいくつ入っています。

ご参考まで。