Abstract:
前の動きに続き、全体重が左踵に移ります。上半身が起きます。右手は腹の前に上がってから上昇します。下から上へ割るイメージです。右手は体の中央前方(北西)になり、指は北西やや上方に向き、掌は南西に向きます。右親指の付け根は鼻の先の前になります。 ……