あなたも太極拳を護身術に変えましょうって太極拳はそもそも護身術でしょう。なぜまた変えるのでしょうか・・・・・・

実質上、私がよく聞いたことは十年かそれ以上に太極拳をやっていた人々は、(現在は中年者だそうです、)太極拳をやめてしまいました。理由は役に立 たない、何をやっているかわからないそうです。それはそうですね。十年間も同じものを踊っていると、飽きてしまいますよね。太極拳は実に役立つものです よ。健康面はあちこち宣伝されていますが、護身術としての面が知られることはかなり少ないです。あんなにゆっくりした太極拳でも護身術として使えますかっ て思っちゃいます。答えは確かです。太極拳は確かに護身術として使えます。しかもかなり有効な護身術です。ネットや本などに色んな物が記載されています が、考え方の差によって本当の太極拳的なものは殆ど見つかりません。多くの方々は太極拳を日本拳法に混ぜてやっています。別に大丈夫ですけど、個人の経歴 を使ってぜんぜん悪くありません。問題もありますが、本当の太極拳のやり方がなくなります。

私がここで提案した「太極拳を護身術に」とは、太極拳を変えても変えてもまったく太極拳の範囲内でやります。筋トレはいりません。力が小さいとか、体が小さいとかは太極拳の障害ではありません。太極拳は大きい筋力とでかい図体を必要としませんから。

太極拳を護身術として使えるようにするには、太極拳を理解することが大事です。しかし、その前は信じることです。筋力に頼らず、力を抜いてこそ人に 勝てると。そして、方法を探します。もしできる先生と出会えればより信じやすいでしょうが、残念ながら、今の時代では力抜きの練習法を信じる人はどんどん 減っています。太極拳の先生達は力を抜けないのが殆どです。人に教えられないのは言うまでもなく。だから、ボクシンや空手とこぶしを競う練習法があちこち から出てきます。

もう一度言いますが、太極拳は筋力に頼らず、力を抜きでやります。この点ができましたら、太極拳の殆どの技は護身術として使えるようになります。