摘要:
前の動きに続き、体重が右足に移動し、左足を前方に一歩出し、踵が着地して爪先が上がります。右手首を右脇の一番下に脇の隣にし、前腕が水平になります。右掌は上に向き、指は東に向きます。左手は右手の上に拳一つの距離を空けて下に向けて右手を被ります。視線は東に向きます。(図 9.1、図 9.2(反面)) ……