摘要:
前に姿に続き、股関節が曲がり、上半身が前屈みになります。重心は両踵に止まるようにします。右手と額の関係は変わりません。左手は肩と伴に前方へ移動します。目は徐々に前方の下方を見ます。股関節をどの位曲げるかは特に決まりはありません。(図 6.1) ……