摘要:
前の動きに続き、以下の各部分動作をすべて同時に行います。 1. 左手首が回り、左掌は上に向き、左指は東に向きます。左腕は東に水平に伸ばします。 2. 右手は開き、掌が下に向き、指は南南西に向き、腰(右腎臓)の高さまで下に下がります。 3. 体重は左に移動し、全体重は左足に載せます。移動しながら、左足は踵を中心とし、足の裏は地面に滑り、つま先は段々に南に向きます。右足はまっすぐに伸ばし、胴体の右側と一直線を作ります。顔は移動と伴い、段々に南西に向き、目線は右手に向くよう移動します。移動終了時は、目線は右手の虎口(親指と人差し指の間)を通って西の下方に向きます。(図 5.1) ……