摘要:
予備勢は名称通り予備の姿勢です。 両足を並行に置き、肩の幅にします。膝関節は自然に伸ばし、まっすぐになります。でも、後方に出ません。股関節を抑え、前方に出ないようにします。お尻は後方に出ません。背骨はできる限りまっすぐに伸ばします。できるだけ、出る所と凹む所を消します。肩の力を抜き、両手は下に垂れます。指は力が入らないため、自然に少し弯曲してもよいです。胸と腹は出たり、凹んだり ...... 体重が踵に落ちることをイメージすることが大事です。(図 1.1) ......