身体障害がなければ、赤ちゃんじゃなければ、立てるって一般的ですよね。それはそうですが、うまく立つことは、必ずしも簡単ではありません。例としては、儀仗隊の立ち姿は大変訓練されます。モデルさんの立ち姿も大変訓練されます。一般の接客の店員さんの立ち姿も訓練されます。別に立てない訳では無いのに、訓練を受けます。太極拳においても、うまく立つってことはまた難しいです。

確かに難しいです。最近は改めてそう思いました。

太極拳の立ちは陰と陽をはっきり分けなければならないため、どっちか一本の足を主軸にします。もう一本の足は付随する状態になります。特に推手を遣っているときはほとんど片足で立っているため、主軸の足と付随する足の区別は鮮明になります。主軸の足は上半身を100%支え、付随する足は上半身を全く支えません。この様にならないと、押されやすくなってしまいます。立ち姿をうまく保つため、頭の姿勢、肩の姿勢、骨盤の姿勢をよく注意し、さらに胸と骨盤のずれ、太股とすねの筋肉緩み、膝の位置、骨盤の位置、背骨の力を受ける感覚、骨盤の力具合などなどをチェックする。しかし、推手を遣っていますから、ゆっくりチェックする時間ありません。正しい習慣を身につけるほうが現実的です。ほとんど正しい、極少数の一部をチェック、って所でしょうかな。

私もまだまだ頑張れる。頑張りましょう。