今日はいい質問だありました。太極拳の人は速い攻撃を受けている場合どうすればいいでしょうか。例えば、詠春拳のような素早い連続攻撃などです。

拳法の使い手が攻防する時に、実際は主に人対人であり、その次は拳法対拳法になります。この点で考えてみましょう。誰でも得意と不得意の攻防方式があります。距離、スピード、攻撃頻度、力強さ等等です。太極拳の使い手が相手に粘りつくのが一般的です。相手の手足や体に粘りつくことで、相手と一緒に動きながらも相手の動きを封じ、相手のバランスを崩し、相手の隙を作ります。この様な攻防を続けるうちに、いつも自分を保ち、負けないという勢いを維持します。自分が負けないなら、相手が遅かれ早かれ負けます。

一見、ダサい戦い方かもしれませんが、太極拳の思想にそっていると思います。太極拳は自分を守る武術で、相手を潰す武道ではありません。相手が負けの勢いにいれば、隙が次々と出てくるでしょう。一回の反撃が成功しなくとも、二度三度……いつか成功するんでしょう。いつ成功するかといいますと、これは自分と相手の実力の差によるもので、一般論では確定できません。

相手の動きを撹乱している時は同時に相手のスピードを遅くしています。相手はバランスを崩されると、例え少しだけでも、相手がバランスを戻すために時間を要します。太極拳の使い手はこの時間をどんどん長くします。できれば、相手が戻れなくなるまで延長します。動画の中に、遣られる人が飛ばされているのはこういう原因があります。

粗略に書きましたが、太極拳の理解に役立てれば幸です。一緒に太極拳の陰と陽を味わいましょう。

よろしくお願いいたします。