一生涯の武道 太極拳 本物

性別、年齢、体格の壁を取り払う

健康増強、内面充実、「柔」の強さを実践

太極拳は世に広く知られてから、たった数十年。時代の遷移にそって、世界中に太極拳を一般健康法として練習する人口は既に8000万人を超えていると言われます。しかし、世の中に、常に太極拳の本来の素晴らしい価値を掘り出そうとする人々が居ます。これらの人々はまだまだ極小数ですが、本物の太極拳が身につくように太極拳を練習しています。太極拳無極会は正にこの極小数の一員です。

性別、年齢、体格の壁

気合を入れるときは体を引き締めて、「エイ、エイ、オオ」ですね。しかし、よく考えてみてください。性別、年齢と体格の壁の前に体の引き締めはどのまで有効でしょうか。

  • 第二成長期以降、女性は生理構造上男性より筋肉が少ないという傾向がかなり強いです。一般に女性は力で男性を圧倒することは大変困難です。特例はありますが、ほとんどの人々は普通な一般人ですから、この性別の壁は分厚いです。特に絡んでくる相手ならば、自分の優勢を見込んで掛かってきますから、相手が弱いなんて甘い予想はお薦めできません。
  • 段々に年を取りますと、どうしても体力が落ちてきます。若い人のように耐久力を持ち、素早く動くのが難しくなります。体を鍛えても、いろんな生理指標が落ちてくるのが必至です。若い人を相手に一勝負するというが大変困難なことにです。簡単な押し合いでも、時間を待たずに気力がついてこれなくなります。これは分厚い年齢の壁です。
  • 自分より体格が数段大きい人を相手に勝負する場合は、筋力はあまり頼りになりません。このため、格闘競技は大体体重別で設定されています。これは体格の壁のためです。いくら筋力とスピードを大柄の相手にぶつけても、この力をうまく支える体重がなく、相手を根本から揺るがすことはできかねます。逆に相手がその体重で押し寄せてくれば、こっちのほうはまったく受け止められず推されながら遣られてしまいます。また、一般に、大柄の人は何時も大きい肉体を動かしていますから、力も大きいです。

壁を取り払おう、本物の太極拳で

本物の太極拳をまともに修練すれば、前述の分厚い壁を徐々に取り払うことができます。太極拳のこのパワーは、本当の意味上の純粋な「柔」から由来する物であります。純粋な「柔」であれば、相手がかなりの力持ちであるとしても、この力が行き所を失ってしまい、最終的に仕方なく相手自身に帰ってしまいます。イメージして見てください。人はどのようにパンチを打ち込んでも、空気を打倒することはできません。空気は極めて柔らかいですから。しかし、空気を圧縮すれば絶大の破壊力が出てきます。爆発の時の空気のように強烈ですが柔らかく、常に障害物のより弱いほうに染み込んで、弱い箇所を打ち砕いてから、障害物全体を破壊します。人間は空気のように巨大な圧力を溜め込むことはできませんが、爆弾方式で体を動かせば、かなりのパワーが生み出されます。

爆弾方式という言葉は怖そうですが、爆弾のように自身を壊すという訳ではありません。むしろ自分の体をしっかり守ります。壊されるのはくっ付けてくる相手との接触関係です。相手が撃退される度に、爆発が発生したと考えられます。

ここで重要になってくるのは、空気のような身動きです。基本的に、空気のように実在していますが、相手に触れにくい、同時に、空気のように柔らかくて常に相手の強みにぶつからない上で相手の弱みに染み込みます。本物の太極拳の練習を通して、このような能力が段々に身につきます。一般体格の女性が男どもを次々飛ばすのも、高齢の老人が若者を次々投げ出すのも空気のような身動きのためです。

健康増進


定常人口生涯医療費推計
出典:厚生労働省平成22年度生涯医療費

日本人の医療費は年々増加傾向です。20代日本人の医療費支出は85万円もあります。30代は119万円で、40代は153万円で、50代は239万円で、 60代は374万円で……高いでしょう。しかも、厚生労働省の「平成 2 2 年度 国民医療費の概況」によりますと、医療費支出は年間3%~4%のスピードで増加しています。特に都会のお住みの方はハイペースの生活に流され、何らかの生活習慣病に掛かりやすいです。病気になってから治療するより、先に予防できれるほうはよくありませんか。本物の太極拳を修練して、疾病を予防し、健康を増進しましょう。しかも、太極拳の推手というものは、本格的に遣ってみればかなり面白いですよ、娯楽代わりにもなります。正に一石三鳥ですね。

太極拳を本格的に修練すれば、普段気づかない自分の良くない運動習慣を気づいてきます。例えば、体のあちこちが歪んでいます。太極拳の本格的推手を通して、身動きが敏捷になり、安定性が高まり、全身の筋力がバランス良く付いてきます。不要の力をすべて抜くようにするので、余分の筋肉が付かない、且つ筋肉が付いても柔らかさが増します。しなやかな動きが出きるようになります。更に、本格の推手練習は相手を感じる能力をかなり鍛えるため、神経が活性化になります。推手時の瞬時反応は脳で決定するため、考える力の衰退や認知症に予防効果があると考えられます。80歳を超えても、杖や車椅子を使わず、腰はまだ丈夫で、独自で歩ける、足もちゃんと上がるというのは素晴らしいではありませんか。

太極拳は大変良いものですが、本格的な先生をお探しの方をお薦めします。どんなによいと言われるものであっても、無闇に遣れば危険性が出てきます。例えば、昨今、ヨガは流行っています。しかし、大量の学習者の市場を満たすため、大量の未熟の指導者が世に出ています。この所為か、ヨガによる運動障害も右上りの一方です。終身的障害や死亡事故も度々報道されます。太極拳はヨガのような無理な動きはありませんが、間違った方法で無理に練習すればはやり関節等に不良の影響を与えてしまいます。特に初めて太極拳を練習される方は、ぜひ適格な先生をお探しの方をお薦めします。

適格な先生から、太極拳の武術的意味、つまり太極拳で護身する方法は必ず教われます。太極拳の護身的意味を理解することは、即ち太極拳がなぜこのようになっているかを理解します。こうなれば、自分の身動きを理に適うように自主に調整できるようになります。無理な動きを自主に回避でき、怪我等はしなくなります。

先生を選ぶ

どの先生から太極拳を学ぶというのは、現実上、主に距離と目的に左右されます。いい先生の処に生きたいが遠いですと、仕方なく、近くで探そう。あるいは、名目上は太極拳を練習することになっていますが、実際は集まりに入り、当面の社交のほうがもっと大事ですなど。

本当に太極拳の素晴らしさを身につけたい方に助言いたします。必ず、先生を相手に少し体験してください。本当に太極拳の適格な先生は共通の特徴があります。あの様な先生に推手等で遣られた時は大きいパワーを感じますが、どこかの局部箇所で力を強く入れられたという感覚はまったくありません。これができる先生は、太極拳を理解しています。そうでない場合は、太極拳の形を取った、中身は非太極拳のものを見せられたとお考え下さい。

首都圏の皆様へ

太極拳無極会をお聞きになったことはありますか。太極拳無極会は日本中において数少ない純粋な太極拳を伝授する場所です。純粋に柔を持って、太極拳の素晴らしい数々の効果を身につけようとする方々が通う教室を提供しております。健康増進や護身に興味ある方々はぜひ太極拳無極会へお越しください。まずは無料体験から始めるほうをお薦めします。

宜しくお願いいたします。